スープカレーとは

スープカレーとは、通常カレーと聞いてイメージするとろみの強めのカレーライスに比べて汁気の多いカレーです。

札幌など北海道の名物として、地元の人から観光客まで幅広く愛されているご当地カレーの一種です。

スープカレーの歴史は思いのほか古く、1971年に札幌の喫茶店でできた新メニュー「薬膳カリィ」が起源で、スープカレーという名称が一般的になったのは1990年代に入ってからです。

今では、カレーのチェーン店でも限定メニューとして登場したり、家庭用のレトルトのスープカレーも発売されるなどますます人気が高まっています。

粉類や油の使用料が少ない分、ヘルシーであるという理由から女性に人気が高いのも特徴の一つです。

札幌スープカレーの特徴は、具材が大きめに切ってあることが挙げられます。

そのため、見た目のインパクトとヘルシーかつボリュームの感じられる料理となっています。

スープの部分と具の部分に分けて調理されることも特徴です。

そのため、混じりけのないクリアな味わいが得られます。

スープの部分は、野菜や動物系の出汁とブレンドしたスパイスのペーストを配合して作られています。

具の部分は、主にチキンレッグや角煮などの肉類、素揚げした野菜類などで構成されています。