スープカレーの気になるカロリー

スープカレーは札幌発祥のご当地カレーとして有名ですが、ダイエットをしていたり、医師から食事制限を勧められている人たちにとってはカロリーも気になるものの一つです。

一般的なカレーの製法では、バターなどの油脂類や小麦粉などの炭水化物をたっぷりと使っているため、スープカレーに比べてカロリーが高くなります。

市販のカレールーの場合ですと、30%から40%が油脂であるため、高カロリーになりがちです。

標準的なカレーライスのカロリーはおよそ860キロカロリー程度です。

スープカレーの場合は、500キロカロリー台程度に抑えることができますので、ダイエットをしていたり、食事制限が必要な人でも比較的安心して食べることが可能です。

汁気が多いので、満腹感を得やすく、温かいスープとスパイスによって代謝の向上も期待することができます。

満腹感を得やすいことによって、一緒に食べる白米の量を減らすこともできるので、総合的に考えてダイエットに適した食事といえます。

ダイエット中にはカロリーを気にしすぎることで栄養素が偏ることも心配されますが、スープカレーではたんぱく質・ビタミンなど幅広い栄養素を比較的低カロリーに摂取することができます。